活動レポート


 

 2007年9月22日

 医療セミナー (ニューポート・ニューズ)


 

 ニューポートニューズ日本人補習授業校との共催で、同校講堂をお借りして行われました。

 今回の講演は、腫瘍外科がご専門の高部和明先生(Virginia Commonwealth University)の「日本 vs アメリカ 手術を受けるなら、どっち?」と、腎臓内科がご専門の長浜正彦先生(Virginia Commonwealth University)の「アメリカで医者をしていて思うこと/日米医療比較」で、それぞれのご専門の見地から一般の方にも大変興味深く、そして面白い講演でした。

 補習校関係者ほか40名ほどの聴講者が集まりました。

 講演メモはこちらから→講演メモ

 

 

日本バージニア協会日本人部会の古田副部会長の開会のご挨拶で始まりました。

 

たくさんの聴講者の皆さんが会場に集まっています。

 

 

長浜先生の日米のデータ比較には、皆さん興味深々でした。

 

 

前回に引き続き、大画面スクリーンを使った初めての医療セミナー。参加者の皆様にも大変好評でした。

 

 

高部先生の臨床医としてのご経験にもとづくお話は大変興味深く、またユーモアたっぷり。会場が笑いの渦に巻き込まれました。