活動レポート


 

 2008年9月20日

 医療セミナー (ニューポート・ニューズ)


 

 ニューポートニューズ日本人補習授業校との共催で、同校講堂をお借りして行われました。

 今回の講演は、昨年に引き続き、腫瘍外科がご専門の高部和明先生(Virginia Commonwealth University)、腎臓内科がご専門の長浜正彦先生(Virginia Commonwealth University)にご講演いただきました。アメリカの医師として、またご専門の見地からのご講演は、一般の方にも大変興味深く、講演後も参加者からの質問が後を絶ちませんでした。

 補習校関係者ほか30名ほどの聴講者が集まりました。

 

 

今回の講演のポスターです。

 

 

長浜先生からは「アメリカで医者をしていて思うこと/日米医療比較(2)」と題して、昨年好評だった演題の続きをご講演いただきました。

 

高部先生からは「乳がん治療 -日米の違い−」と題して、ご講演いただきました。統計上アメリカの女性は7人に1人の割合で、乳がんにかかるそうです。

最後は、同校の北 田校長先生のご挨拶で幕を閉じました。